基本的には看護師は介護施設で働いていても高収入が期待できます。

看護師の病院以外での活躍場所~看護施設編~

MENU

活躍場所【看護施設】

看護師は病院や診療所だけでなく、特別養護老人ホームや老人保健施設などの介護の現場でも活躍しています。
看護師の資格は介護現場で介護の職務に就くことを許されているのと同時に、利用者に向けて医療行為をすることができるという大きな特徴を持っています。
したがって介護現場では看護師の立場は比較的高く、人材としてとても重宝されるといっても過言ではないでしょう。

 

主に介護施設として挙げられるのは、

  • 特別養護老人ホーム
  • 老人保健施設
  • 民間の高齢者介護施設である有料老人ホーム

などです。

 

このような介護施設では、看護師が医療行為をすることを期待される部分もありますが、
基本的には、利用者の介護や生活のサポートなどの仕事がメインになります。

 

この部分では介護士と働く内容はほとんど変わりません。
看護師から介護士に転職したかのような気持ちになり、病院とはまた違った気持ちになるでしょう。

 

ただ看護師にとって病院で働いているときには医師の指示を仰ぐことができますが、介護現場では医療行為が必要なときには、看護師が主体となって他のスタッフをリードしなければならないときがあるのでそういう意味ではより看護師としての責任感を痛感することでしょう。

 

 

ただし給料に関しては、同じ現場で働く介護士さんよりも確実に報酬は良いといえるでしょう。
もちろん介護施設が公的なものか民間が運営しているのか、ということに左右されることが多いですが、基本的には看護師は介護施設で働いていても高収入が期待できます。

 

また老人ホームや老人保健施設などの介護施設で働く看護師にとって、病棟病院と同じように夜勤があることも多く、そのため月給30万円を超えたり、さらには40万円を超えることもあるようです。

 

中には看護職として病棟や病院で働くよりも老人ホームや老人保健施設の雰囲気で働くほうが好きだという人もいて、
もし看護師として看護職として働くことに煮詰まっている人がいるのなら、介護現場に仕事を求めて転職してみるのもいいでしょう。