会社で働く社員の健康管理や健康相談、メンタルケアを担当する看護師の役割が大きくなっています。

看護師の病院以外での活躍場所~会社の医務室編~

MENU

活躍場所【会社の医務室】

看護師が病院以外に職を求めるとき、近年とても注目を集めているのが企業や会社の医務室で働くという選択肢です。

 

病院で働くのではなく、会社の医務室や健康管理課などで働くというもので、企業看護師産業看護師などという呼ばれ方をしています。

 

会社やオフィスなどの一角に常駐して、社員の健康管理やもしケガや体調を崩す人がいれば応急手当をしたり、
会社の中の医療行為や健康管理を担当するのが企業看護師です。

 

例えば製薬会社や電子部品、自動車などの大手メーカーの大きな工場がある製造業の会社で医務室を完備しているところも多く、従業員の体調管理やメンタルケアをカバーしているところも多いです。

 

特に自動車製造の現場では、エンジンの試運転や塗装などの作業工程があり、粉じんやすす、有害物質が飛び交うことが多いので、その部分で衛生管理が徹底されていなければ企業看護師として管理・指導を行う必要があります。

 

またデスクワークが多いオフィス系の勤務でも近年、過剰なストレスが人体に与える影響が懸念されていいます。
その意味で社員の健康相談やメンタルヘルスを担当することが強く求められています。

 

社員の健康を管理したり見守る企業看護師の存在感というのは、年々高まってきています。

 

ではどうやったら企業看護師として働くことができるのでしょうか?

これは看護師の転職サイトなどで非公開求人となっていることが多いようで、新卒として就職するよりも病院や病棟などで看護師としての経験があった方が良いようです。

 

企業看護師のメリットとしては、会社の勤務形態が日勤の土日休みなら病院で働いていたように夜働くことはなく
比較的ゆとりをもって看護師を続けることができるでしょう。

 

逆にデメリットというか病院と比べると企業看護師というのは、
少数もしくは1人勤務であることも多く、近くに看護師の仲間が少なく、自分ひとりの責任が大きくなったり、困ったときに指示を仰げる医師もいないことも多いのです。

 

その意味で会社の社員すべての健康管理や健康相談、メンタルケアを担当する看護師の役割というものは非常に大きくなってきます。

 

その他に病院以外の活躍場所には『介護施設』などもあります。