クリニックによって給与や待遇の違いがあるので、応募する際にはクリニックの評判を調べましょう。

看護師の病院以外での活躍場所~美容外科クリニック編~

MENU

活躍場所【美容外科クリニック】

基本的に看護師は病院で病人やケガ人の傷病の手当てをしたり、入院患者の看護をするので人の生死に立ち会ったり、血を見たりすることが非常に多い仕事です。
それが看護師にとって苦痛であったり、特に新人ナースにとっては大きなストレスとなり精神的に参ってしまう人も少なくありません。

 

そこで注目されるのが美容外科クリニックです。
その名のとおり、美しくなるためのクリニックであり、通常看護師が勤める病気を治したり、ケガを治療したりする病院や診療所、クリニックとは一線を画すと考えるべきです。

 

ただ医師がいて看護師がいて、医療機器があるなどのインフラは共通する部分が多いので、ついつい同列に考えがちですが、
実際に働いてみるとかなり傾向の違いがあることに注目したいですね。

 

看護師は激務の病棟勤務に疲れ果てて、残業が少なく患者の急変に立ち会うことの少ない美容外科クリニックに転職することはよくあることです。
美容外科に転職して数年働いて、通常の病院勤務に戻る看護師も多いといわれており、美容に興味がある看護師さんなら一度は門をたたいてもいいかもしれません。

 

脱毛クリニックや美容整形外科クリニックなどさまざまな美容外科クリニックがあり、
中には営業ノルマやサービス残業が多いブラッククリニックもあるので、注意は必要で事前に調査しておくことをおすすめします。

 

またよく美容外科は容姿端麗な看護師が働いているイメージがありますが、
目的はお客様をキレイにすることなのでナース自身が美人である必要はありません。
ただしお客様は自分が美しくなりたいと思って来院するわけなので、看護師自身が美容に無頓着であっては困るのも事実です。

 

通常病院よりも清潔感やメイクアップが求められ、白い肌が好まれ、美白を求められる傾向はあります。
休日は土日休みのところが多く、プライベートを充実させたいという人はおすすめかもしれません。
ただしクリニックによって給与や待遇の違いはあるので、応募する際にクリニックの評判を調べるのは必要だと思います。