看護に関する複数の資格をとって活躍の場を広げる

健康を預かる立場に立つためには資格が必要

MENU

役立つ看護師の資格

■病気の予防も大事な仕事
看護というと、病気や怪我に対して行うものというイメージが強く、実際病院で働いている看護師が大多数です。
しかし、看護の対象になるのは、健康な人も含むあらゆる健康状態にある人々です。
つまり、すべての人が対象であり、日常的な健康管理にかかわったり、病気を予防するための情報やサービスを提供したりする「保険」の分野も、「医療」や「福祉」の分野とともに大切な仕事として担っています。
このように看護の仕事は実に幅広く、それぞれの職場では看護師のほかに、複数の資格を取得して活躍の場を広げている人も少なくありません。

 

 

■企業の医務室で
働く人々の健康を守るために、企業には安全衛生の管理が義務付けられています。
その一環として、企業内に医務室や健康管理室を設けているところがあり、こうした部門に勤めている看護師もいます。
企業の正社員として採用されている場合もあれば、健康保険組合から派遣されている場合もあります。
いずれにせよ、企業の中で、そこに働く人たちの健康を預かる立場にあることから、産業看護師や企業内看護師、あるいは、保健師が従事している場合は、産業保健師、企業内保健師と呼ばれています。
仕事は社員の健康管理がメインです。
医師とともに診療や健康相談に対応したり、定期的に健康診断を実施したりします。
働いている人が対象ですから、忙しくて健康診断を受けられないというひともいますが、それでは管理はできませんので、まずは社員の健康意識を高めて受診率を上げることが求められます。
診断後は一人一人のデータをチェックして、注意を促したり、再検査の必要があれば必ず受診するよう根気よく訴えます。
自覚症状がない場合は本人が再検査を先延ばしにすることもあり、そんな時は産業看護師の説得が非常に重要になります。
訴えを聞き入れてもらうには日ごろからの信頼関係が大切ですから、各職場を訪問して健康情報を提供したり、相談に乗るなどして、社員とコミュニケーションをはかる機会も頻繁に作ります。
仕事や職場に対するストレスを抱えている人が増えている今、精神面でのケアも欠かせない仕事になっています。
企業内での仕事なので、基本的に夜間の勤務はありません。保健師の資格があれば採用の機会は大きいでしょう。

 

 

■養護教諭として
養護教諭は、学校で児童・生徒の健康管理や救急処置、健康相談など行う保健室の先生のことです。
看護師の資格を持っていれば、大学や養成機関で所定の科目を修得することで養護教諭になる資格が得られます。
仕事の内容は、定期的な健康診断の実施とその評価や健康指導、風や虫歯予防などの保健指導、また、日常的には救急処置、心身の健康に関する相談、健康的な生活を送るための生活習慣の保健指導などです。
児童・生徒の健康状態や学校生活における環境衛生に関する実施を把握して、集団指導・個別指導の両面から子供たちの健康保持、増進をはかります。
いじめや不登校などの学校問題が深刻化するなか、保険室が子供たちの不安やストレス、悩み事を受け止め、相談に乗る場所となり、養護教諭の果たす役割がますます重要となっています。
この仕事には、子供の支えになれるカウンセリング能力が求められ、カウンセリングの専門職のスクールカウンセラーと協力して相談にあたることもあります。
また、成長段階にあたる子供の健康管理を担う面から、優れた観察力、判断力が必要とされています。